糖尿病の症状を改善しましょう|驚愕の健康回復術

Hospital

血糖の病気を勉強しよう

Man

自分に合った薬を選択する

糖尿病を発症した場合、初期であれば食事療法や運動療法が治療の中心となります。しかし血糖値のコントロール状況が悪い場合には、薬物療法が補助的に開始されることがあります。薬物療法は糖尿病の治療の中でも関心を集める治療方法です。理由は薬物療法の多様さで、血糖値が上がってしまう原因に対して、それを改善するような薬物が処方されるからです。例えば、筋肉が糖質を代謝できないことで血糖値が上昇している患者の場合、チアゾリジン薬が選択される場合があります。この薬は筋肉や肝臓での糖質の代謝を促進します。糖尿病の薬物療法は以前に比べ、進歩が目まぐるしい領域です。薬の効能をしっかり勉強し、薬物と付き合っていく治療方法が、今後の治療の中心になってくると予測されます。

血糖と意識の関係を知ろう

血糖値とは血液中の糖質の濃度のことで、この糖質とはグルコースという単糖のことです。糖質はほとんどの食べ物に含まれているといわれていて、ご飯やイモ類、お酒などに多く含まれています。この血糖値の値が乱れることによって発症するのが糖尿病で、その症状も血糖値が原因です。血糖値が上昇した場合に見られる症状としては、糖尿病性の昏睡が非常に注意が必要で、意識を失ってしまう症状です。原因は、血糖値が高くなると体内で糖質以外が分解されてケトン体が増えてしまいます。このケトン体が一定水準以上に増えてしまうと脳機能に異常をきたしてしまうのです。血糖値が低下した場合には低血糖症状がみられます。脳は大量のグルコースを消費する部位ですので、グルコースが極度に減少すると脳が機能せず、意識を失ってしまいます。