糖尿病の症状を改善しましょう|驚愕の健康回復術

Hospital

血糖の病に関心を示そう

女性

今後を予測する

糖尿病は生活習慣病の一つです。生活習慣病とは、患者の生活習慣によって発症する病気で、過食や睡眠不足、過剰なストレス、運動不足などが総合的に関係して発症します。現在日本において生活習慣病は増加しています。そのため、今後糖尿病も増加していくと考えられます。糖尿病は血管に炎症が起こり、血管が硬く脆くなる疾患です。また高血糖になることで血液の浸透圧が上昇し、血圧も上昇します。この作用により脳血管疾患などの領域では、アテローム血栓性脳梗塞が起こりやすくなります。アテロームが糖尿病により脆くなり、高い血圧により破られやすくなるのです。このような機序があるため、今後糖尿病の患者が増加するならば、脳梗塞患者も増加すると予測できます。

疾患の三大特徴を知ろう

糖尿病の症状には、大きく三つの症状があります。網膜症、腎症、神経障害の三つです。網膜症は、目の中の網膜の異常です。網膜の中には毛細血管が沢山存在します。糖尿病は血管が脆くなる病気ですから、網膜の中の毛細血管も脆くなります。脆くなった毛細血管は破れやすくなり、ついには失明に至ります。症状としては目が霞んだり、飛蚊症が起こったりします。腎症は、腎臓の尿を濾す血管が脆くなり機能低下していきます。腎臓は非常に症状が出にくい臓器の一つで、ある程度進行しないと症状が現れません。糖尿病が発症したら定期的な検査が必要になります。神経障害は、神経を栄養する末梢血管が脆くなり機能しなくなることで、神経が壊死してしまい起こります。一度死滅した神経は回復しないため、予防行動が重要になります。