糖尿病の症状を改善しましょう|驚愕の健康回復術

Hospital

近年注目の治療法

患者

低インスリンダイエット

糖尿病とは人間の体内で唯一、炭水化物から糖を分解してくれるホルモンである「インスリン」の分泌に異常が起こり、血中の糖の数値が高くなる病気のことをさします。自覚症状としては尿が多くなる・喉が渇く・疲れやすくなる…といったものがあり、これらの症状を抑えていくには「血糖コントロール」が必要です。 その方法として近年注目を集めているのが「低インスリンダイエット」という名でも呼ばれている炭水化物(糖質)のみをコントロールするという治療法です。それまでのカロリーコントロールに比べると主食である炭水化物のみを制限し、副菜はある程度自由に食べることが出来るため患者さんへの負担が少ないのが特徴の1つです。 同様に最近注目を集めている糖尿病の症状を抑える方法の1つに「低GI食品」を選んで食事をするというものがあります。GIとはグリセミック指数の略語で血糖値の上がり方を数値化したもので、これの低いものを選んで食べれば血糖値の急激な上昇を抑えることができます。

身体の負担を軽減する方法

糖尿病の症状を抑える方法は他にもたくさんありますが、身体や精神面の負担が少ないものが増えてきているというのが近年の特徴です。糖尿病は血糖コントロールにより血糖値を正常値まで戻すことは可能ですが、現在の医学では完治することは不可能なので、例え症状が治まったとしても血糖コントロールは続けていく必要があります。よってあまりにも負担のかかる方法は継続しないため負担の少ない方法が生み出されていくのでしょう。 インスリンポンプなどもその1つといえます。インスリン注射はペン型の注射器が開発されやりやすくなりましたが、それでも毎日自分に注射を打つのは負担です。しかしインスリンポンプならインスリンを24時間注入することが出来るため負担を軽減することが可能です。 これらの方法を上手に組み合わせ血糖コントロールを行うことが糖尿病の症状を抑えていくことが合併症の予防に繋がり、生命の危機を回避することに繋がるのです。